Dept. Math, Hokkaido Univ. EPrints Server

Funkcialaj Ekvacioj の遡及電子化中間報告

高山, 信毅 and 鈴木, 昌和 Funkcialaj Ekvacioj の遡及電子化中間報告. In: 紀要の電子化と周辺の話題, 2005-07-28, 京都大学数理解析研究所.

[img]PDF - Requires a PDF viewer such as GSview, Xpdf or Adobe Acrobat Reader
421Kb

28 July 2005: 紀要の電子化と周辺の話題

Abstract

数学論文誌の高度な電子化を目指して、現在神戸大学の高山研究室と九州大学の鈴木研究室で協力して進めている Funkcialaj Ekvacioj の遡及電子化の計画と経過についてのべる。 1.Funkcialaj Ekvacioj の電子化の歴史 Funkcialj Ekvacioj(略して FE という)は日本数学会函数方程式論分科会が 編集し, 神戸大学が発行している函数方程式に関する国際専門誌である. 1958 年に福原満洲雄(東大理学部教授), 南雲道夫(阪大理学部教授), 佐藤徳意(神戸大理学部教授)により創刊された. 毎年 1 Vol., 3 numbers が発行され, 2005 年現在で Vol. 48 に達しており国際的にみても比較的歴史のある雑誌である.

Item Type:Conference or Workshop Item (UNSPECIFIED)
Subjects:00-xx GENERAL
ID Code:33